トランスメディア提供アイコン01 高級リゾート地オッパティア

ボストイナ鍾乳洞観光の後、バスはスロベニアから国境を越えクロアチアに入る。
ここで通貨はユーロからクーナに変わる。
2日目はクロアチアの海辺の高級リゾート地オッパティアに泊まる。
クリックすると全ての画像は大きくなります。
<ボストイナからオッパティアへ 車窓> 
a0158226_21163178.jpg

<オッパティア 夜の町へ1 >
a0158226_2117724.jpg

<オッパティア 夜の町へ2 >
a0158226_21172849.jpg


明けて3日目(9月24日(土))今日も朝からイイ天気!
出発時バスは添乗員とツアー客2人を残して一旦出発、
町を半周して3人をピックアップ。
再び、バスもツアー客も爽快な気分で出発した。

これ以降、集合時間厳守でツアーは進んだ。
<アドリア海 朝の光乱>
a0158226_21175845.jpg

by Mr_Futchan | 2011-10-11 21:18 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : http://futchan.exblog.jp/tb/13791261
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by bara at 2011-10-11 21:43 x
こんばんは~
車窓の景色、素晴しすぎて、寝てられませんね^^

線路が見えてる~。こんな風景なら列車の旅もいいでしょうね~。

夜の町・・屋台ですか?
安全なんですね。

朝日が綺麗~。砂浜にいっぱい並んだたたんだパラソルが、
昼間にはいっせいに開くんでしょうねぇ~。

あは^^遅刻者に洒落た忠告、日本では考えられない(笑。
Commented by Mr_Futchan at 2011-10-11 21:57
★baraさん
こんばんは
まず、線路の写ってる写真は
まるでテッチャンの作るジオラマの一コマのようでしょ。
この日はバスの先頭の席に当たったので、
S字カーブの道を狙いました。
ホントこんな考えてると寝てられません。

よるの町ははじめは様子を見て恐る恐る行動してたんですが。
観光で生きてゆく国、治安が悪いと成り立ちません。
誇り高くやさしい気質の人たちです。
だんだん行動半径は広がっていきました。

この朝、暗闇に紛れての例の朝の海水浴シーンをゲットしました。
多分東欧の観光客と思います。
Commented by 港北のウメ at 2011-10-12 07:51 x
朝の風景がすがすがしく美しい。
私が撮ると朝か夕方か分からなくなってしまいます。
う~ん勉強になります。
Commented by 笑子 at 2011-10-12 13:29 x
こんにちは~♪
4枚のうちの左下の写真☆
う~ん、高級リゾートって感じ~♪
高級のつくリゾート地ですから、安全面は安心ですかね。。。
ふらっとこんな所に旅してみたいですね~・・・
何歳になっても逆立ちしても、多分無理ですね
こちらのお写真で楽しませていただきます☆
Commented by awa at 2011-10-12 18:30 x
車窓からの風景、広々としていて素敵ですねヽ(^o^)丿

日本(東京)の夜もこれぐらいの明るさでいいような・・・そんな気がします。
Commented by Mr_Futchan at 2011-10-12 21:37
★港北のウメさん
朝の風景がすがすがしさを感じていただければ
嬉しい限りです。
勉強だなんてとんでもございません。
頑張ります。
Commented by Mr_Futchan at 2011-10-12 21:41
★ 笑子さん
左下の写真のような町をイッパイ通過しました。
クロアチアは、日本ではここ5、6年で人気急上昇の観光地です。
ヨーロッパ各国からも沢山観光にこられてます。
安全な国だとだんだんと分かってくると、
朝食前、夕食後の遊び時間が益々増えていきました。
体調が絶好調だったので助かました。
Commented by Mr_Futchan at 2011-10-12 21:45
★awa さん
車窓からの風景の風景を撮るようになったのは、
D700を持ってからです。
何しろISO感度が6400+2EVまであるので、
これまで撮れなかった写真が撮れるようになりました。
ですから、バスでも寝てられません。
10月中に赤い写真をアップしますね。

<< カルストに広がる自然公園へ 地球は丸い? >>